Kenji Yanagawa Architect & Associates

minory.exblog.jp

時空を超えた現代建築


ケルンの聖コロンバ教会美術館は、第二次世界大戦で破壊された教会とローマ時代の遺跡、そして美術館と、三つの施設が入っています。
ピーター・ズントーがコンペで勝利し、2007年に完成しました。

外壁はうすいグレーのレンガで仕上げられており、その壁面の一部にランダムに設けられた無数の開口部から差し込む光と空気によって、遺跡部分が神秘的な空間に創りあげられています。
美術館の内壁はコンクリート打ち放しの滑らかな仕上げになっており、床も繋ぎ目の見えないテラゾーで構成されているミニマムでストイックな空間です。
また、展示室の所々に設けられた大きな窓からは、ケルン大聖堂はもとよりケルンの街並みを望むことが出来ます。

この建物は比較的新しい建物ですが、一向に新しく見えません。むしろ古ささえ感じます。
ローマ時代からの時間の流れも共存してしまう、まさに「空間・時間・建築」の匠、ズントー建築の真骨頂ではないでしょうか。

ケルンでまた一つ、時空を超えた現代建築に出会えました。

探訪日: 2015 / 01
探訪者
: 柳川 賢次
所在地: ドイツ ケルン 聖コロンバ教会美術館
b0114785_08594528.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-02-03 09:01 | 建築採集(2017年)