Kenji Yanagawa Architect & Associates

minory.exblog.jp

文化を発表する場所


「まるごとにっぽん」は、東京楽天地浅草ビルの1階から4階にある商業施設です。ビルの建替え事業の一環として進められ、竹中工務店の設計・施工により、2015年12月にオープンしました。浅草六区に賑わいを取り戻すことと都市部への人口流出に伴う地方の疲弊を改善することを目的に創られました。

すでにブランドが確立された商品は扱わず、東京初出展となる地方自治体と地方事業者をメインに出店する事とし、流通が難しい少数の商品を販売することのできる販路開拓支援、店舗内装や什器を用意する初期投資支援などを行っています。また、フロア構成としては、1階に食品販売店、2階に日用品販売店、3階に情報発信、実演・体験コーナー、4階に飲食店が設けられています。

昨今、地方創成という言葉をよく耳にしますが、なかなか具体的な行動を起こしにくいのが現実です。そうした中、このような施設が東京にできたことで、地方に住む人に大きな情報発信のチャンスができました。

「まるごとにっぽん」のロゴからは、日本という丸い重箱のふたを開けると、素晴らしいモノがたくさんあり、それが格子状につながり、ひろがり、強く結びついているのだというメッセージが伝わってきます。
「○○ファースト」などの言葉が踊る時代に、地方へ目を向けた施設やシステムを創り、『日本全体でがんばっていこうよ』とった企画者の熱いエネルギーを感じとれる施設でした。


探訪日: 2016/ 02
探訪者: 柳川 実理
所在地: 東京都 台東区 浅草
b0114785_07520897.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-07-21 09:00 | 建築採集(2017年)