Kenji Yanagawa Architect & Associates

minory.exblog.jp

自動車が創り出す物語


メルセデス・ベンツ博物館は、シュトゥットガルトの郊外にあります。
設計は、オランダの建築家ユニット ベン・ファン・ベルケンとカロリン・ボスにより2006年に完成しました。

建物は9層で内部は二重らせん構造になっていて、各フロアーはゆるやかなスロープでつながっています。
入館者はまず、近未来を体感しながらエレベーターで最上階まで運ばれます。
到着すると、まるでタイムマシーンの扉が開かれたように自動車の創成期が目の前に現われます。らせん状の経路(スロープ)に沿いながら自動車が創り出す時間旅行が始まります。
それぞれの展示物(自動車)固有の技術や歴史、伝統を展示し、あらゆる角度
(上下左右)から眺めることが出来ます。その配置や照明などの工夫も素晴らしい。

スロープが創り出す連続空間を進むうちに、人はいつのまにか展示物の前を通り過ぎます。展示物は(自動車)は動かず、動くのは人間です。

過去から現代そして未来へと、これからも絶えまなく続くであろう「自動車が創り出す物語」は、「人間が創り出す物語」そのものではないでしょうか。

探訪日: 2015/ 01
探訪者: 柳川 賢次
所在地: ドイツ シュトゥットガルト
b0114785_08504403.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-08-18 09:00 | 建築採集(2017年)