Kenji Yanagawa Architect & Associates

minory.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


今時のキャンパス


三十数年前、日本の大学は広い土地を求めて都市の郊外や地方都市へと移転していきました。欧米の大学のように構内に学生寮や既婚者寮、職員のための住居が無く、通学に時間を奪われていました。この数年で大学の在り方もさま変わりして、大阪の梅田界隈においてはサテライトキャンパスを含め十数校の大学が進出してきています。少子化に伴い学生数の減少は各大学の存続にかかわります。そこで都心の利便性と賑わいを活かし、人の集積と交流を求めた都市型キャンパスの登場となったようです。今回は、そうした大学を二つ紹介いたします。

■関西大学梅田キャンパス
KANDAI MeRISE(カンダイミライズ): www.kansai-u.ac.jp/umeda/
地上8階建て「人との交流」と「起業」をコンセプトに1・2階にカフェ(スターバックス)と本屋(蔦屋書店)を設け、起業しようとする人たちと交流できる解放されたキャンパスです。

■大阪工業大学梅田キャンパス
地上21階建ての高層キャンパスで、CO2の排出を抑え、環境負荷の低減を図った都市型のタワーキャンパスです。1~4階に解放されたエントランス・ギャラリーや通り抜けが出来る公開空地・カフェテラスを備え、21階はレストラン等の賑わいエリアとなっています。
コンセプトはイノベーションを目指した地域開放型キャンパスです。

国の方針は地方創生ですが、伝統のある大学が都市へ集まり、都市がより都市化していき、地方都市や郊外がより衰退していくと、日本全体の繁栄は望めないように思います。
起業やイノベーションを地方都市から起こすことこそ地方再生ではないでしょうか。

探訪日: 2017 / 05
探訪者: 柳川 賢次
所在地: 大阪 梅田界隈
b0114785_08144291.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-30 09:00 | 建築採集(2017年)

地方創成④


魅力をアピールする気はありますか?

撮影者 : 柳川 実理
撮影場所: 東京都 永田町
b0114785_07453359.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-29 09:00 | 本日の一枚(2017年)

地方創成③


それぞれの個性を合わせることも大事です

b0114785_07272020.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-28 09:00 | 本日の一枚(2017年)

地方創成②


群馬県が急におしゃれに感じました

撮影者 : 柳川 実理
撮影場所: 東京都 永田町
b0114785_08084531.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-27 09:00 | 本日の一枚(2017年)

地方創成①


友達問題よりも地方の衰退の方が問題です
b0114785_07463764.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-26 09:00 | 本日の一枚(2017年)

レガシー


ハード内の記録より、ハードが発売された時の記憶の方が鮮明です!!

撮影者 : 柳川 実理
撮影場所: 東京都 ソニービル It's a Sony展
b0114785_07232593.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-21 09:00 | 本日の一枚(2017年)

知識


手が届かない知識こそ貴重です!

撮影者 : 柳川 賢次
撮影場所: 大阪府 関西大学梅田キャンパス
b0114785_07193191.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-20 09:00 | 本日の一枚(2017年)

第61回大阪建築コンクール受賞者講演会&ディスカッション


7月14日(金)に関西大学梅田キャンパスにて、『第61回大阪建築コンクール受賞者講演会&ディスカッション』が行われます。
受賞した[ つつじヶ丘の家 ]についての説明はもちろん、建築に対する考え方などの話もできたらと思っております。
ご興味のある方は、是非ご参加ください。

第61回大阪建築コンクール受賞者講演会&ディスカッションについて →こちら
作品の詳細 →こちら
b0114785_07510702.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-19 09:00 | トピックス

文化を創る場所


茅野市民館は、市民による、市民のための施設をテーマに、2001年に公開プロポーザルが行われました。竣工までに、建築家 古谷誠章 氏(NASCA)、茅野市設計事務所協会、及び市民の代表達によるワークショップを数多く行い完成されました。

この市民館は、劇場や音楽ホール、美術館、図書館、スタジオ、レストランなどの機能を合わせ持った文化複合施設で、茅野駅に隣接しています。建築物だけでなく、敷地全体が都市の広場や公園のような使い方が可能になっています。
劇場は、舞台からロビー、中庭へと連続的につながり、一体的に利用することができます。また、図書スペースは、駅からアプローチすることができ、駅の待合い場のようにもなっています。

現在、首都圏では地方の情報発信や商品販売ができる環境が整ってきました。こうした状況下で、いかに地方が独自性のある商品を開発するかで今後の地方の発展が左右されると思います。そのためには、まず地方の独自性、すなわち文化をしっかりと理解しないといけないのではないでしょうか。

今回、茅野市民館を訪れてみて、ここは、市民が自分たちの文化の魅力を再発見し、育み、独自性のある文化を創ることのできる場所になり得ると感じました。また、こうした施設が、地方創成の起爆剤に今後なっていくのだと思いました。

探訪日: 2017/ 05
探訪者: 柳川 実理
所在地: 長野県 茅野市
b0114785_07151267.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-16 09:00 | 建築採集(2017年)

キッチン


[ DAN DAN HOUSE ]のキッチンのイメージパースです。
内装工事も本格的にはじまり、近々、キッチンの取付工事が行われます。

シンプルでありながら、存在感を感じられるキッチンとなる予定です。
b0114785_07132280.jpg

[PR]
by mys-style | 2017-06-15 09:00 | トピックス